難聴には様々な種類があります。まずは難聴がおこる時期によって「先天性難聴」と「後天性難聴」に分けられます。また症状では、低音が聞きにくい、高音が聞きにくい、母音は聞き取れるのに子音が聞き取りにくいなど、様々です。
突発性難聴の原因は不明です。
ストレスや疲労、内耳の循環不全、ウイルス感染が原因であると考えられていますが、明確な原因はわかっていません。ただ、近年患者数が増加傾向にあること、食生活や生活習慣の調査結果からは、忙しく、不規則でストレスフルなライフスタイルが、発症の引き金になっていると考えられています。
携帯できる音響機器の普及で、ヘッドホンをして音楽を聞く機会が増えました。媚薬しかし大音量で長時間ヘッドホンを聞くことで、「騒音性難聴」や「ヘッドホン難聴」の患者も近年増えています。
騒音性難聴は、長時間の騒音に繰り返しさらされることにより、耳鳴りがおこります。工場やパチンコ店など長期間働いて、徐々に聞こえが悪くなることから、職業性難聴とも呼ばれます。
ヘッドホン難聴は、高い音の音楽を、大音量で聞くことが原因とされています。
これらの難聴は、耳に大きな負担をかけることで、音の振動で蝸牛(カタツムリの殻のような形の内耳の器官)の血液が滞ったり、感覚細胞の一部が脱落することで発症します早漏
この場合の難聴は難しいので、日頃から耳を休ませる時間をもつなど、予防を心がけることが大切です。