難聴は聴力が弱いために、音や声がよく聞きとれない状態。中耳炎などの病気や老化、騒音に長時間さらされたときなどに起こる。ラジオなどの放送が聞きとりにくいこと。
難聴は大きく分けると「伝音性難聴」「感音性難聴」「混合性難聴」
の3つに分けられます。
伝音性難聴とは、外耳や中耳が正常に機能しなくなり音が伝わりにくくなる難聴です。伝音性難聴の場合は音を大きくすれば聞こえますので補聴器などを使えば音を聞くことができます。また、伝音性難聴は機能障害が原因なので手術や治療などで聴力が回復する可能性があります。
感音性難聴は、内耳やそれより奥の神経系に障害がある場合の難聴です。感音性難聴の特徴は高音域の音が聞こえにくくなったり、複数の音を一度に聞いた時に特定の音を聞き分けたりすることが難しくなります。感音性難聴になると、人ごみや騒々しい場所で相手の声を聞き分ける事が難しくなったり、大勢で会話をしているときに特定の人の声を聞き分けるのが難しくなり、このような場所での会話が不自由になります。感音性難聴は治療によっての回復が難しく、補聴器を使っても聴力を補う事は難しいといわれています。
混合性難聴とは、伝音性難聴と感音性難聴の両方の機能障害がある難聴です。難聴の原因は様々ですが、伝音性難聴は中耳炎やライブハウスなどで長時間大きな音を聞き続けたり、ヘッドフォンで大音量で長時間音楽を聴き続けたりすることがその原因となる場合が多いようです。
また、感音性難聴のひとつである老人性難聴は加齢により内耳などが衰えにより発症してしまいます。
このほかにもその原因として、先天性のものや外傷性、ウィルス性、遺伝、ストレスなどがあげられます。
そして、なかには突発性難聴のように原因があきらかにされていないものもあります。難聴は、早期に治療すれば改善するものもあります。
受診してみて問題なければ安心ですし、病気が見つかっても早期治療が可能かもしれません。