内耳は、耳の入口から約5cmの深い骨のなかにあり、蝸牛という音を感じる部分と、前庭、半規管という頭の回転や傾きを感じる部分からなります。蝸牛は名前のとおり、かたつむりの形をしており、巻き始めの基底部分が高い音、回転が進んだ上の部分になるほど低い音を感じるようになっています。
蝸牛のなかで音を感じているのは、有毛細胞という毛の生えた特殊な細胞ですが、この細胞は、傷害されていったん死んでしまうと二度と再生しません。内耳性の難聴が治りにくいのは、このような有毛細胞の脆弱な性質によります。また、有毛細胞は、とくに病気をしなくても年齢とともに蝸牛の基底部分、つまり高い音を感じる部分から次第に脱落していきます。高齢になると、誰でも耳が聞こえにくくなるのはこのためです。
また、有毛細胞は、とくに病気をしなくても年齢とともに蝸牛の基底部分、つまり高い音を感じる部分から次第に脱落していきます。高齢になると、誰でも耳が聞こえにくくなるのはこのためです。
音は耳介で集められて外耳道に入り、鼓膜を振動させます。鼓膜の振動は3つの耳小骨をへて内耳に伝えられ、内耳の有毛細胞で振動が細胞内の電気的信号に変換されます。音の信号は、ここで聞こえの神経に伝達され、さらに脳へと送られます。この経路のなかのどこが病気になっても、難聴の原因となります。
突発性難聴について
突発性難聴、発症する原因が明らかになっていません。なんらかのウイルスや血流の悪化が原因という説がありますが、発症原因はいまだに不明なんです。つまり、突発性難聴は「いつ、誰がなってもおかしくない病気」だといえます。
でも、原因がわからないと予防ができなくて不安ですよね。そこで私があなたにお願いしたいのは「耳の異常を感じたらすぐに病院に行ってください」ということです。突発性難聴は治療の開始が遅いほど聴力が戻りにくくなってしまう病気です。そのため、耳の異常を感じたら、2日以内、できれば1週間以内、遅くとも2週間以内には必ず耳鼻科医に診てもらってください。
ただ、そうはいっても、突発性難聴と耳詰まりの違いは分かりづらく、異常の程度によっては、「いつもの耳詰まりだろうな」と安心しきってしまうこともあります。だから、あなたが早く病院に行くためには、「もしかしたら、自分は突発性難聴かも」と気づくための知識が必要です。
難聴の検察について
難聴の患者さんの診察では、まず外耳から鼓膜までを直接観察します。たとえば耳垢「耳あか」が外耳道に詰まっていたり、鼓膜が破れたりして起こる難聴は、このような診察で容易に診断できます。中耳に滲出液がたまる滲出性中耳炎も、鼓膜の観察でわかります。
しかし、中耳の深い部分や耳小骨の異常は、直接観察できません。この場合は、聴力検査に加えてCTなどの画像検査を行います。さらに、内耳になると、全体像はCTやMRI検査でわかりますが、有毛細胞などの構造は小さすぎて画像でも見ることができません。
したがって、難聴の診療では聴力検査などの機能検査が非常に大切です。聴覚には、単に音の有無がわかるだけでなく、さまざまな側面があります。したがってその検査にも、ピーッピーッという単純な音「純音」の聞こえを検査する純音聴力検査だけでなく、語音の弁別を調べる語音聴力検査、音の大きさの変化の弁別能を測る検査、持続する音に対する反応をみる検査など、多くの種類の検査があります。

オススメ情報サイト

※成分調査は済んでいるのか、本当に信頼できる業者なのかも含めて、レビトラの販売業者はしっかり選ぶようにしてください。病院でEDの診療を受けて処方箋を書いてもらいレビトラ販売店で購入をするとします。

※シアリスをネット通販で購入する方法やシアリスの効果効能、副作用をまとめました。人気のジェネリック医薬品についてもご紹介しておりますのでお役立てください。

◆世界の中で利用者が一番多いED治療薬は是非これです!

勃起不全治療対策はこちらへ

タダラフィル

バイアグラ

↓市販大人気な女性用医薬品販売サイトは是非ことらです。

媚薬